2014/12/26 (Fri) present


クリスマス前、メッセージが届く。
「切ない」のお題でリクエストを出した人から。
そのリクエストには応えられなかったけど文章を書いたから、と。

24日0:00、彼のblogでそれは公開された。

とても嬉しいクリスマスプレゼントだった。

お返しに私も書いてみようかな、と思う。

2014/03/03 (Mon)


海が見たい。

予定を送る、何日の何時と返信が来る。
前回はあまりに時間がなかったから言わなかった。
今回も1時間くらいしか空いてない。
それでも行けるかな?と聞いたら、大丈夫と言われた。

2007/12/29 (Sat)
石田衣良の「てのひらの迷路」を読みました。
その中に「左手」という掌編があります。

手がほしい。手だけでもいい。

そんな想いを、私も書いてみました。

2007/08/19 (Sun)
こんばんは。
「睡蓮花:湘南乃風」の「うぅ~ハイハイ♪」がダイスキな今日この頃。
なんだか久しぶりに「書いた」って気分です(笑)

こそっと、どーぞ。

2006/03/30 (Thu) 真夜中の黒い海
冬の海、それでも私は車を降りる。
ちょっと文句を言いながらも、男はついてくる。
真っ暗闇の中、遠くに船の明かりだけが小さく灯る。
波の音をかき消す潮風の轟音、
それでも砂浜に立ち背筋をのばす。

横にならぶ男。
黙って海を見ている。

寒い、けれど闇の中の見えない海を、
見続ける2人。
よりそうでもなく、
視線を交わす事もなく。

「・・・2人で仁王立ち?」
と笑うと、
こちらを向かずに海を見たまま男が答える。
「おまえ、海に喧嘩うってただろ?」
「あはは、わかった?」
「で、俺にもな」

くっ

言葉に詰まり、男を見る。
前を、真っ黒な海を見つめたままの男の横顔は
ただ寒そうなだけで。

このあいまいな関係に嫌気がさして、
ケリをつけようと意気込んで、
言ってやろうと思っていたことが沢山あったのに。

「あー寒いっ!」急に叫んで
有無を言わさず私の手をとり戻っていく男
さらに、ぐいと引き寄せられた耳元で

「無理だって」

カッと頭に血が上る
とっさに振りほどいた手は空を切る
男の背中が笑っている

とてつもなく悔しくて
でも少し安堵して
「んーーーっんっ!」と頭を振って
真っ黒な海に背を向けて
また私も歩き出す

男の手を、つかむ為に。

2006/03/22 (Wed) drive scene1 other side
書けてしまいました。
予告したばっかなのに。

で、別にSSではないので1000文字にする事もなく。
つるっと載せてみようかと思います。

書いてて苦しかった。
一旦はあまりの切なさに、書かないでおこうと思ったのですが。
今だから書けたのかもしれません。

よろしければ読んでやってください。




2005/12/22 (Thu) kitten's short stories
1000文字の物語


基本的にフィクションですが、そこには私のオモイデも悲しみも切なさも存在していて。
読んでいただければ嬉しいです。



kitten's short stories

 snow

 silent

 苦いキス

 本とドライブとあいつ

 smile

 walking

 待ち合わせは赤いクジラの下




other stories

1000文字ではないけれど、残しておきたかったお話たち

 drive scene1

 drive scene1 other side

 drive scene2
story |

2005/09/10 (Sat) drive scene 2
書いてる内に苦しくなりました。
未熟者で(汗

scene1 other side も書きかけだー。

ちょっと中途半端なんですけど、
吐きだします。



読んでもらえると、喜びます。
感想もらえると、さらに喜びます。
ふ、しつこぃ?(笑




2005/09/08 (Thu) drive scene 1
走り書き。
発作的に。

1ってことは2もあるって事なんですが。が・・・(汗

読んでいただければ、喜びます。
感想もらえると、もっと喜びます。

あ、フィクションです。
つーか、願望?(爆



2005/05/17 (Tue) 待ち合わせは赤いクジラの下
書きたい意欲が湧き上がってるんだけど、
どうにもこうにも時間が足りなくて。
もっと寝かしてみたらいいのかなぁ・・・(悩

てことで久々の1000文字のショートストーリー
書いてみました。


毎度の事ですが、エロ描写なし(汗


では、どーぞ。




photo

prof

猫

recent entries

recent comments

categories

archives



mail

名前:
メール:
件名:
本文:



friends

この人とブロともになる



fav

search




rss feed