--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/12/26 (Fri) present


クリスマス前、メッセージが届く。
「切ない」のお題でリクエストを出した人から。
そのリクエストには応えられなかったけど文章を書いたから、と。

24日0:00、彼のblogでそれは公開された。

とても嬉しいクリスマスプレゼントだった。

お返しに私も書いてみようかな、と思う。




present


「私、恋してるかもしれない」
そう呟いた。

一緒にいた友達が、
椅子が倒れるんじゃないかってくらいの勢いでこっちを向いた。
「は?あんたが?」

そうだなぁ、確かに恋という感情から遠ざかって久しい。
でもこれって……。


顔も見た事ない、文章しか知らないその人を。
ここのところずっと私は求め続けてる。
返事が、欲しい。
こんな気持ちは久しぶりだ。
メールの返信欲しさに、メールを書く。
めんどくさがりの私がそれをずっと続けてる。

そうじゃない、
こんなじゃない、私
こんな必死にメールする女じゃない。

そう思ったって指が動く。
指先から文章が流れ出てゆく。

彼の言葉を求めて。

特別、耽美だとか美麗なわけではない。
ただ、ただ、私の心に自然に沿う言葉がそこにはある。
近寄ったり、少し離れたり。

会ったことのない二人は
その距離感を測りながら言葉を伝えあう。

そして

時間を作った。
休みを合わせてくれた。
会う事になった。

会った。

会ったことがない。
その空気感を直接感じていない。
それを埋めようと、
数多くのメールを交わしている気がしていた。

けれど、
私は相変わらず今日もメールする。
彼の言葉が欲しいから。

信頼感と安心感が増しただけで、
恋しい気持ちは、さらに少し加速してしまったかもしれない。

「俺のクリスマスは昨日で終わり、明日から仕事っ!」
まだクリスマス前なのに、
私のクリスマスプレゼントさんがメールでそう語る(笑)

ありがとう。


会えて

よかった。
関連記事

comment

会ってからのお互いのキモチの変化…まだまだ続きそーですね。
2014/12/27 23:01 | URL | 凛音 [ 編集 ]

>凛音さん

くすぐったい言葉のシャワーは、
まだまだ続くようです。

そしてメールの数はさらに増えたかも。
…びっくりです。
2014/12/28 11:43 | URL | 猫 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://bluekitten.blog2.fc2.com/tb.php/2016-8f2d64cc

photo

prof

猫

recent entries

recent comments

categories

archives



mail

名前:
メール:
件名:
本文:



friends

この人とブロともになる



fav

search




rss feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。