--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/10/07 (Sat) 隠れない
満月が観たくなって、夜中にふらっとコンビニへ。

帰り道、月が正面に。

雲の向うに蒼白い光の輪がみえている。
その光の強さに軽く驚愕しつつ見上げていると

スッと雲が途切れた。



ゾクッとした。



背景の夜空の漆黒の闇が際立つ。
輪郭のはっきりとした、月。
反射ではなく自らが光を発しているようだ。
意思を持って私の視界に入ってきたように、
そこに、月があった。

妖気のようなものを感じた。
背筋がゾクッとするような。
眼をそらせない。

雲が流れてきて月にかかる。
が、昨夜の月は

雲に隠れない

のだ。
光があまりにも強い為、
かかった雲を通してまでもその姿が確認できる。

隠れない月。
強い光を放って、存在を主張する。
月であって月でないようなその光。

魅入られたように
見上げていた私は、
ほんの少し肌寒さを感じて我に帰る。

引き剥がすように視線をそらし
家に帰った。
関連記事

comment

女性って、満月の日に特別な何かを感じることがあるっていいますけど、そういうのって本当にあるんですか?
2006/10/07 21:51 | URL | mr.mt [ 編集 ]

いい月だったね。
私もアイツと一緒に見ることができて・・・・ウレシカッタ。
2006/10/08 17:42 | URL | かおり [ 編集 ]

>mr.mtさん
私は満月より新月の方がなんだか・・・
「はじまる」感が強くなります。
何故でしょうね。
気にしなければきっとそのまま
通り過ぎてるのでしょうけど。
2006/10/09 22:07 | URL | 猫 [ 編集 ]

>かおりちゃん
アイツとみれたんだーーー
あの月は、なんか感じさせるような月だったよね。
怖かった(笑
2006/10/09 22:10 | URL | 猫 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://bluekitten.blog2.fc2.com/tb.php/250-286816d0

photo

prof

猫

recent entries

recent comments

categories

archives



mail

名前:
メール:
件名:
本文:



friends

この人とブロともになる



fav

search




rss feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。