--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/10/16 (Thu) 我侭
仕事の疲れが出てたんだと思う。
誰かと話したい。そう思った23時。
携帯のアドレス帳を眺めている時にメールが届いた。

「どうする?」
「どうしよう?」

な、メールだったから。もーいっそ電話してくれ!
・・・とは言わなかったけど、思ってた(笑)

疲れてるから声が聞きたいとメールする。(結局言ってるw
でも地下鉄の中。
残念。 でも癒されたいー!





行間の「地下鉄降りたら電話できるやんか!」
を読み取ってくれてありがとう(笑)

一緒に見上げた満月がとても明るくて。
ほんのり嬉しくて。
ついつい「会わないほうがいい」って言ってしまう。
もっと甘えそうだから。

会いたいけどね。
弱ってる時は危険だね。

----------

だんだんあなたが遠くなる (新潮文庫 ゆ 7-10)だんだんあなたが遠くなる (新潮文庫 ゆ 7-10)
(2008/02)
唯川 恵

商品詳細を見る


1冊目、電車で読んだ。
これを読んだ後だったから、
甘えてちゃダメだと思った。

大好きな人達だからこそ解ってしまう事がある。
惹かれあっている事が、他の誰にもわからなくても
解ってしまう。解ってしまうんだ。

いやーーーっ。

もういいけどね。
それでもね。
私には主人公「萩」の気持ちが良くわかった。
入り込んでしまった。
カサブタ剥がしたかも(涙)

オトコに捨てられて、求める事を辞めて漂うように過ごしていた。
一度はどん底に落ちて泣き明かした、そんな「萩」だから
2人の前からいなくなれたんだ。

私はきっと間違いなく「いずみ」を許せない。

許したいとは思わない。
でもいなくなれる人にはなってみたい。

----------

我侭は女の罪、それを許さないのは男の罪

・・・歌詞は逆だったけど(笑)

----------

飲めば、眠れます。
大丈夫。
おやすみ。

関連記事

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://bluekitten.blog2.fc2.com/tb.php/424-e4ee5e3c

photo

prof

猫

recent entries

recent comments

categories

archives



mail

名前:
メール:
件名:
本文:



friends

この人とブロともになる



fav

search




rss feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。