2008/05/26 (Mon) もう遅いよ
高校3年生の頃、私の彼氏は東京の大学に行ってました。
K大に行くって言ってたくせに、
W大に行きやがりましたよ。
そのころは生意気にも(バブル真っ盛りだったので)
「K大のほうがかっこいいのに」とか思ってましたよ。
今考えると何様だおまえ、ですが。

私は受験生、
相手は上京したての大学生。
遠距離恋愛となりましたが、
電話もけっこうしてました。
6月の私の誕生日にはでかいかすみ草の花束が届きました。
親戚のおにーちゃんが何を思ったのか真っ赤なバラの花束(18本)をくれたりしましたが。
それでも私はバラよりかすみ草が嬉しかった。

そんな初夏のある日
会ってしまった。
あの男に。
私のはじめての男で、
会ってはいけないと親にまで反対されてしまった男に。
ヤツと付き合ったがために私は無期停学をくらい。
ヤツは高校を自主退学した。

そんな男にバッタリ本屋で出会ってしまった。
「ひさしぶり!電話してこいよ~」
と笑顔で言ったヤツ。

動揺した私。
彼に電話した。
数日後に東京から帰ってくる予定だった彼に。
半泣きで電話した。
帰ってきて、今すぐ帰ってきて!!
「何言ってんだよ、どうしたの?もうすぐ帰るから待ってて」
早く帰ってきて。お願い。
「もうすぐだから、待ってて」

電話が切れて、私は部屋で泣いた。
多分今から自分がどうなるかわかってたから。

数日後、またあの本屋でヤツに会った。
私もヤツも確信犯的に、その本屋にいた。
少なくとも私は、ヤツに会いたくて本屋に行った。

本屋の前で少し話して、時間あるかと聞かれ
自転車の後ろに乗せられて(笑)
近くの神社に行った。
神社の欄干に座って、私たちは長い時間話しをした。
空白を埋めるように。
話して、話しが尽きなくて。

そしてヤツは言った。
「また付き合おう、大学に行くまででいい。お前がいい」
返事はしなかったけど、
私たちはキスをした。
長いキスを。

彼が帰ってきた。
私は電話に出なかった。
彼は家まで来て、私を車で連れ出した。
そこで私が聞いたのは、
大学で新しい友達やサークル仲間ができて、
正直私との付き合いを疎ましく思っていた。
面倒だと思っていた。
でも、やっぱり私と別れるつもりはない。
どうしたんだ?何かあったのか?という話だった。

遠くから、彼の声が聞こえているようだった。
「もう遅いよ」とだけ答えて、あとは言葉にならなかった。



ヤツとはその後付き合わなかった。
と、思う(笑)
何でも話せるセックスフレンドのような存在になったけど。

この間、まおちゃんに
「もう遅いよ」と言った時に
あの時のことを思い出してた。

側にいて、よそ見させないで!

と思ってたけど。
そう思う時点で、もう気持ちは動いていたんだろうな。
でも、彼があの時何をおいても私の元に帰ってきてくれてたら・・・。

ま、人生はどうなるかわからないものです。
関連記事

comment

意味深w
よそ見してませんが(汗笑
2008/05/26 23:51 | URL | まお [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/05/27 18:28 | | [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/06/03 01:38 | | [ 編集 ]

♪まおちゃん
だーかーらー
「よそ見させないで」なんだってば!
特に深い意味はありませんが(ふふふ
♪鍵コメ1号さん
お返事遅くなってごめんなさい
内容覚えてらっしゃいますか?(笑)
タイミングとたられば。
そうだと思います。
ちょっと言ってみたくなっただけですよ!おほほほ。
でもね、恋愛のタイミングってなんだかいつもズレ気味で。
それもまた面白いんですけどね。
・・・ずれ過ぎなければwww
♪鍵コメ2号さん
お返事遅れてごめん。
いやいや私もだってば。
そーしたらよかったかなとちょっと思ったw
2008/06/09 23:43 | URL | ? [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://bluekitten.blog2.fc2.com/tb.php/548-04815078

photo

prof

猫

recent entries

recent comments

categories

archives



mail

名前:
メール:
件名:
本文:



friends

この人とブロともになる



fav

search




rss feed