--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/01/28 (Fri) walking
書いてみました、続き。

連作ってカタチだったら、そのうちまた書きそうです。
このお話しは。


昨日よりは時間かかったのに
軽く仕上がってます(恥)


よろしければ、どぉぞ。





walking


女は一人歩いていく。
前を歩く男の背中が目にとまる。

いつも声をかけてくるのは男から、
女は歩いているだけだ。
「どこ行くの?」
そんなありきたりな言葉に
「どこも行かない」
ありきたりに答える。

いつもはそんなはじまり。
ただ、今日は・・・。

店に、ついこの間まで、そう2日前まで女の恋人であった男が来た。
他の女を連れて。
女の腰に腕を廻して。
ブースの向うで楽しげに言葉を交わすその姿が
嫌でも女の視界に入ってきた。

男は女など見えていないかのように振舞う。
いや、見えていないのだろう実際。
目の前の女しか、見えていないのだろう。

「私、今日帰らない。」
「は?ウチに泊まるんじゃないの?」
女は友人に断りをいれ、店を出ていった。
友人たちも女と男の事情は知っている。
店を出て行く女を追ってきたものの、声もかけず
遠巻きに女の様子を伺っている。

前を歩く男、長身の。
バイト帰りなのかラフな服装で歩いている。
足を速め、追いついた。
「ね、今帰り?」
急に声をかけられた男は驚いた顔をしている。
「ん?・・・うん」
「ちょっと時間ある?」
「何?」訝しげな顔で男が答える。
「私、いま初めて男の人をナンパしてんの。
今日は絶対男をナンパしてやるって、心に決めてんの。
だから、私にナンパされませんか?」

・・・ぷっ。

男が小さく吹き出す。
見るからに自分より年下な女の、
まくし立てるような必死の言葉に笑いをこらえられない。
「なんだよそりゃ、すごいな」
「朝まで付き合ってくれない?」
「朝までねぇ・・・ま、いいよ」
「んじゃ、聞いてくれる?なんで私がナンパしようと思ったか」
「おお、聞かせてくれよ」
男がくしゃっと笑う。

女はその笑顔に少し安堵して
さっき起こったことを話し出す。

歩きながら。

遠巻きに見ていた友人たちが、手を振って笑いながら反対方向へ歩き出す。
女はそっと振り向いて友人たちに合図を送る。
「どうした?」
「友達が帰ってった。」
「友達、見てたのかよ!」
「うん、心配だったみたい」
「ホント、変なやつだなぁ」
「変な人じゃなさそうだって思われたんだよ、よかったね」
「いや、お前のこと拾っちゃったから俺も変なヤツだよ」
「まぁ、そうだけどね」

2人は歩いていく。ゆっくりと夜の街を。

ゆっくりと話しながら。

今日は言わないだろうな、あの台詞。
言わなくとも、2度と会わないだろうと解っていた。

たとえ1時間後に肌を重ねたとしても
多分2度と会わないだろう。

今日はそれでいい。


歩いていよう。


関連記事

comment

私も、歩いている人に
声をかけられるようになりたいなぁ。
2005/01/29 01:24 | URL | darknavy [ 編集 ]

あ~なんだかフワっと爽やかな気持ちになりました。
前作といい今作といい、いいです~~★
また、書いてくださいね!!
2005/01/29 03:57 | URL | sayuri [ 編集 ]

♪darknavyさま
ナンパされるでしょ?darknavyさまなら(笑)
あ、する側か?
いゃ、されそうだ・・・w
♪sayuriちゃん
ありがとー♪♪(喜)
爽やか?そーかな?あはははは。うれしぃぞ・・・・くぅぅ。
うん、股掻いちゃう!(違
2005/01/29 11:23 | URL | ? [ 編集 ]

うん。いい。
舞台は夜だけど、爽やかな風を感じた。
こんな風なら1人でも心地よく歩ける気がする。
逆ナンね。数回あったけど、驚きと嬉しい気持ちはあるな。
ところでSSの説明よくわかりません。 SS...はて? 小説の事? 俺が好きなカマロSS? サクッと青春?...いや、猫サンだから......セックス・サンキュー?
2005/01/30 08:13 | URL | わるお。 [ 編集 ]

♪わるお。くん
ありがと^^
風かぁ、いいですね。
ヒューズ様は逆ナンされますか、やはし(憧)
で、SSですが Short Story の略です。
1,000文字、続き無し、読み切り だったかな?
コメントくれてるかおりちゃんが書き始められまして、
私も♪って書いてみた(笑)
で、今回、掟破りに連作にしてしまったのでした。
許してぇぇん
そーだ、かおりちゃんのとこリンクしよっと。
2005/01/30 14:39 | URL | ? [ 編集 ]

気になる気になる。。
これには続きないのかな。
一度だけ、次はないよって言えるような女の人、
憧れるけど、言えそうにない。
情が移るのか、惚れてしまうのかわからないけれど
もっともっと逢いたくなる。
まだまだ子供ね。。(ノω‘*)
2005/01/30 23:39 | URL | luna [ 編集 ]

♪lunaちゃん
また書くよ、きっと。
爽やかそうに書いてるけど、よく読んでみたら
とんでもない話だよ・・・(笑)
一度だけ、が本当は嫌だから
「次はない」って言ってみる、でも、
男は「次」よりも一時の性欲に走っちゃうんだよね
特に、若いオトコは。
病んでたら言えるよ、病んでるから言える。
「次はない」 って。
2005/01/31 08:17 | URL | ? [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://bluekitten.blog2.fc2.com/tb.php/970-e2eb2a06

photo

prof

猫

recent entries

recent comments

categories

archives



mail

名前:
メール:
件名:
本文:



friends

この人とブロともになる



fav

search




rss feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。